【知っとく!】葉酸サプリ妊活ママニック術

83e3abd47d213c762276c1f22a182fbf_l

 

葉酸サプリ妊活ママニック術では

お母さんにも赤ちゃんにもやさしい葉酸サプリを
厳選して3つご紹介します。

 

妊活中から、妊娠中、産後まで、
しっかり摂取しておきたい葉酸。

 

旦那さんと一緒に飲まれるのもオススメです。

 

そんな葉酸サプリのランキングTOP3はこちら!

 

 

 

・・・以上が葉酸サプリ妊活ママニック術の葉酸ランキングでした。

 

売れ筋で、且つ妊活中、妊娠中のママさんから

絶大な信頼を受けているのがベルタ葉酸サプリですね。

安心のベルタブランドで、同社のベルタマザークリーム

併用されている方も多いようです。

妊娠後もキレイでいたいママさんにとっては必需品ですものね。


 

ランキングで2位になった【美タミーナ 葉酸サプリ+】は、

ものまねママタレントのみかんさんがプロデュースしたことでも知られています。

実質無料のモニターもあるので、試してみるにはいいですよね。

 

 

そしてランキング3位のパティ葉酸サプリですが、

こちらは今人気急上昇中の葉酸サプリです。

無農薬野菜を使ってる上、カルシウムや鉄分も摂れてこのお値段ならかなりお得です。

 

 

是非、元気な赤ちゃんのために、あなたに合った葉酸サプリを選んでください!!

 

以上、葉酸サプリ妊活ママニック術でした。

 

 

 

<妊活・葉酸コラム>
“妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。産婦人科では妊娠の初期段階で摂取することを特に勧められる緑色野菜に多く含まれる葉酸ですが、この時期は胎児の細胞分裂、つまり成長が盛んにおこなわれる時期であるため、欠かしてはいけません。足りないと胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など赤ちゃんの成長に大きな影響を及ぼしかねません。1日の摂取量はだいたい400ugです。赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は初期の時期にかけてはとにかく摂取し続ける事が良いとされているため、赤ちゃんの先天性奇形を予防するといった効果があるんですね。妊娠3ヵ月頃までは特に、食品及びサプリメントなどから摂取するように意識する事が大事になってきます。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸も効率よく働けるという訳です。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから空腹時での摂取はおススメしません。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。穏やかな気持ちで治療を続けることは妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。妊娠初期だけに葉酸が必要と言われますが、、決してそうではありません。妊娠中期から後期にも胎児の成長を促したり、母子共に悪性貧血から守ったり、妊娠高血圧症候群を予防する効果があるなど妊婦には欠かせない役割を行ってくれるのです。授乳が終わるまでしばらくの間は、継続して葉酸を取り入れていきましょう。葉酸が多く含まれている野菜についてですが、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は先天異常の発症リスクが抑えられるそうです。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおススメします。不妊の要因になるものといえば、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側要因と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性由来のものとが挙げられると思います。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男性、女性、両方が早めに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。妊娠の初期に葉酸不足になると、赤ちゃんの成長への影響があることは割とよく知られています。ただし、摂取し過ぎた時の事はそれほど知られていないように思います。これは発熱や蕁麻疹を生じさせやすくしたり、子供が将来、喘息で苦しく辛い思いをする確率を高めてしまったりするようなのです。これでは葉酸の取り過ぎにも、注意しておくことが大切です。


NO.1の葉酸サプリはこれ!


>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ