LDLコレステロール基準値が高いときにコレが効く!

LDLコレステロール基準値高いときにコレが効く!では
LDLコレステロール基準値が高いと診断されたときに効果があるサプリメントを紹介します。

 

ちなみにLDLコレステロールの基準値は60~139mg/dlとされています。

 

この基準となる数値を出すための数式は、

 

【LDLコレステロール値=総コレステロール値ーHDLコレステロール値ー中性脂肪÷5】

 

なのですが、これは中性脂肪値が400mg/d未満の方にのみ当てはまる数式です。実際には、このような数式に頼らず、直接計ることが多いですので、こちらはあくまで参考程度。

 

でも、もしその基準値を超えているなら・・・?

 

今後のためにも、対策が必要になりますね。
コレステロールは生活習慣を正すことが最も大事ですが、それだけでなく、日々の生活の中にサプリメントを取り入れる方も多いです。

 

今回ご紹介するサプリメントは

きなり

です。

 

こちらはコレステロール、中性脂肪、高脂血症などの生活習慣でお悩みや、うっかりが気になる方に最適のサプリメントとなります。

 

LDLコレステロールが高くなると、さまざまな問題が生じます。
毎日の食生活や運動だけでは解決しきれない場合に、こちらのサプリメントが役立つわけです。

 

実際飲まれた方は、

・カラダがすっきり、楽になった!
・頭が冴えて、仕事が楽しい!
・健康診断の結果がよくなった!
・年齢的な衰えを感じなくなった!
・飲んだその日から調子がいいです!

など、うれしい声を届けてくれています。

 

またきなりに含まれるDHA・EPAはダイエットにもよいと評判。

健康にもダイエットにもお役立ていただける商品なんです。

 

なお

LDLコレステロールが上がる原因はいろいろありますが、ひとつは食べすぎです。食べ過ぎによりあまったエネルギーは、体内でコレステロールに合成されます。

また肥満の人は中性脂肪がたくさんたまっており、それがLDLコレステロールが基準より高い原因になてしまいます。なお同じ肥満でも、皮下脂肪型肥満に比べ、メタボリックシンドロームの原因ともなる内臓脂肪型肥満の方が、LDLコレステロールは上がりやすくなっています。

他にも、アルコールの飲みすぎやストレス、たばこの吸いすぎなどにも注意が必要です。

これ以外に、遺伝による『家族性高コレステロール血症』と呼ばれるものもあります。子どものときから高いLDLコレステロール値を示している場合はこの可能性が高いです。

今回ご紹介した『きなり』は肥満やアルコールの飲みすぎ、ストレス、たばこの吸いすぎなどの生活習慣の乱れによるLDLコレステロールが高くなってしまっている場合に、とくにオススメです。

 

詳しくはこちらの公式サイトに書かれていますので、ぜひ参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ