看護師転職サイト 五社【2015版】

1abb64728dd70ca88e715000d83a7e2f_s

 

看護師転職サイト 五社ジでは
看護師の求人探しや転職を成功させるために
おすすめのサイトをご紹介します。

 

どのサイトも登録無料で利用できますので、
安心してご利用ください。
(※無料利用できる理由は⇒こちら!)

 

 

01

看護師派遣会社の中で満足度NO.1!手厚いサポートと業界最大級の求人数が魅力

 

02

強引な誘導は一切無し!本当に転職者のことを考えてくれる転職サイトです!

 

03

転職決定で最大40万円の転職祝い金!これは業界NO.1です。

<ランキング第4位:ナースJJ>

転職祝い金が最大35万円がもらえる!今人気の転職サイトです!

<ランキング第5位:看護のお仕事>

転職成功で最大12万円の転職祝い金!24時間電話対応も嬉しい!

 

いかがでしょうか?気になる転職サイトは見つかりましたか?ちなみにですが転職に成功されている方は、3つ以上の転職サイトをかけもちされているというデータもあります。その方がもちろんたくさんの転職先情報を手にすることができますからね。どのサイトも転職先が決まるまで(もちろんその後も)利用料は完全無料です。転職成功をお祈りしています!!
以上、看護師転職サイト 五社ジでした。
 
 
 
 
<看護師コラム>
“育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。特に看護師は仕事と子どものことの両立が困難なので、日中のみ働くことができたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが見つかると良いですね。育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多いですが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を探すことを勧めます。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、不利な条件で働いていた等々、否定的な事由だったりすると、相手側の心証を悪くしてしまいます。要因として現にあったとしても真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望理由を述べるようにして下さい。看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンがあるでしょう。看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要です。看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。看護職員の価値は市場では依然高いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで経過を見守るのが望ましいです。看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが普通でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。それに、結婚する際に転職を検討する看護師もたくさんいます。パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職する方が良いでしょう。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職しておくと良いでしょう。ストレスが蓄積されていると子どもを授かりにくくなるので、要注意です。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。

 

※看護師転職サイト 五社に掲載の情報は記事作成時のものとなります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ